1. HOME
  2. イベント
  3. ツアー
  4. 6月8日 波佐間 頼子・海底神社

6月8日 波佐間 頼子・海底神社

アクセス抜群!マンボウやジンベエザメにも会える!?
波左間港は房総半島の最南端付近(東京湾内出口付近)に位置し、東西と南を山や岬に囲まれ風や波を遮り、地形的に大変恵まれている為、年間を通して大変穏やかな海であり、初心者の方でも安心してゆったり潜れます。 この波左間港から沖にボートで3~5分の場所に約10ヶ所のポイントが点在しており、水深はいつも使う場所で15~25mです。また堤防からボートで1~2分のところにマンボウランドがあり、時期によりマンボウやジンベエザメと一緒に潜って遊べます。 地形的には岸から砂地がなだらかに落ちていく感じで、根が点在しています。 生物は黒潮と親潮のぶつかる場所がら、暖流系寒流系の両方の魚が見られ、古くから漁場としても最高の場所といわれています。ここの定置網には夏はジンベエザメやイトマキエイ、春はマンボウやウバザメと、暖流系寒流系で世界最大の両方の魚がやってくるという、世界でも数少ない場所の1つといわれています。 透明度は黒潮の接岸に大きく左右されますが、おおまかにいうと秋~冬が透明度が高く、春~夏は低くなります。夏は黒潮の勢力が強まるので、寄ってきた時は突然真っ青!透明度が一晩で変わってしまうこともしばしばあります。 東京湾アクアラインができ、館山道も全線開通し、東京から1時間半でこれるというかなりの好アクセスになりました。

お問い合わせは >>> こちら

| ツアー