PADI アシスタント インストラクター (AI) はダイブマスターの任務に加え、さらに講習の重要部分を担当することができます。
※講習サポートの為には賠償責任保険への加入が必要です。

  1. インストラクターの間接的な監督下で、PADIダイバー・コースの知識開発を行なう。生徒ダイバーの知識レベルについての評価は、インストラクター自身が実施する。
  2. 限定水域ダイブで、インストラクターの直接的な監督下で最初のスキル・トレーニングをプレゼンテーションする。
  3. オープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブで、インストラクターの間接的な監督下でオープンウォーター水面スキルの評価を行なう。
  4. インストラクターの指示の下で、ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーを教えて認定する。
  5. Project AWAREスペシャルティ・コース(ノンダイビング)を単独で教える。
  6. サンゴ礁の保護スペシャルティ・コース(ノンダイビング)を単独で教える。
  7. ディスカバー・スクーバ・ダイビング(体験ダイビング)を、プールまたは限定水域で単独で実施する。
  8. バブルメーカー・プログラムを単独で実施する。
  9. PADIシールチーム・アクアミッションを単独で実施する。
  10. ノンダイビングのスペシャルティのスペシャルティ・インストラクター・トレーニング・コース修了後、あるいはスペシャルティ・インストラクター保持者が生徒ダイバーを教えて認定する。
  11. インストラクター・トレーニング修了後、あるいはスペシャルティ・インストラクター保持者がPADIインストラクターの指示の下で、デジタル・アンダー・ウォーター・フォトグラファー・スペシャルティ・コース
    を教えて認定する。

PADI アシスタント インストラクター 参加前条件

  1. PADIダイブマスター、または他のダイバー指導団体でのリーダーシップ・レベルの認定
  2. 年齢18歳以上
  3. ログに記録されているダイブ経験本数が60本以上;ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダーウォーター・ナビゲーションの経験
  4. 認定ダイバーになってから6 ヶ月以上経過
  5. ダイビングに適した健康体であることを証明する過去12 ヶ月以内の医師の署名入り健康診断書
  6. 過去24カ月以内に、エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次および二次ケア・コース(またはそれに相当するトレーニング)を修了
  7. PADIダイブマスターでない場合には、PADIダイブマスター・コースのダイブ・レスキュー評価を修了し、他のレクリエーション・ダイバー指導団体から発行されたエントリー・レベル、アドヴァンス、レスキュー、リーダーシップレベルに相当する資格認定に関する 書類を提出する

PADI アシスタント インストラクター 達成条件

AI コース達成条件

  1. 以下の PADI IDC eラーニング・カリキュラム・コンポーネントを修了する:
    1 – 初めに
    3 – PADI システムの概要
    4 – 学習、インストラクション、 PADI システム
    5 – ディスカバー・スクーバ・ダイビングとエクスペリエンス・プログラム
    7 – リスク・マネージメントと法律上の留意事項
    8 – リスクを管理する
    9 – PADI クオリティ・マネージメントとライセンシング
    10 – 講習プレゼンテーション入門
    11 – 知識開発の実施と評価
    12 – 限定水域トレーニング
    13 – オープンウォーター・トレーニング
    15 – ビジネス・オブ・ダイビング(オプション)
    16 – レクリエーショナル・ダイブプラナー(RDP) の教え方(クロスオーバー候補生
    は必修; PADI メンバーはオプション)
  2. 以下の IDC カリキュラム・コンポーネントに参加する:
    • オリエンテーション
    • PADI システム・ワークショップ
    • 学習と講習ワークショップ
    • ディスカバー・スクーバ・ダイビング・ワークショップ
    • リスク・マネージメントとライセンシング・ワークショップ
    • 知識開発プレゼンテーション・ワークショップと候補生による知識開発プレゼンテーション
    • スキル開発ワークショップ
    • 限定水域トレーニング・ワークショップと候補生による限定水域講習
    プレゼンテーション(水に入って実施)
    • オープンォーター・トレーニング・ワークショップと候補生による
    オープンウォーター講習プレゼンテーション( 水に入って実施)
    • セールス・テクニック・ワークショップ(オプション)
    • コース終了
  3. オープンウォーターで、 PADI ダイブマスター・コースのダイバー・レスキュー評価を修了する。
  4. 少なくとも 2 回の知識開発講習プレゼンテーションを行なって評価を受け、 1 回のプレゼンテーションで 3.4 以上を得点する。ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・コースから1回のプレゼンテーションを行なうことが推奨される。
  5. 少なくとも 2 回の限定水域講習プレゼンテーション(水に入って)を行なって評価を受け、 1 回のプレゼンテーションで 3.4 以上を得点する。 1 回のプレゼンテーションで、候補生は認定アシスタントなしで実施する。
  6. ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・コースを含めた少なくとも 1 回の統合(2 種類のスキルを組み合わせた)オープンウォーター講習プレゼンテーション(水に入って)を行なって評価を受け、各スキルで 3.4 以上を得点する。
  7. スキル評価スレートにリストされている 24 種類のダイブスキルを行ない、合計 82点以上を得点する。いずれのスキルも 3.0 未満であってはならない。
  8. PADI システム、規準、手続きエグザムで 75% を得点し、答えを間違えた問題については、内容を理解するまで復習する。得点が 75% 未満の候補生は再試験。
  9.  

PADI アシスタント インストラクター 必須教材
※IDCデジタルクルーパックの購入が必要です。

候補生が理解する言語に翻訳されていない場合を除いて、各候補生が以下の教材の現行版を所有している必要があります。
★印はクルーパックに含まれています。
• PADI インストラクター・マニュアル
• PADI ガイド・トゥ・ティーチング★
• PADI IDC eラーニング★
• PADI ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー、サンゴ礁の保護、 Project AWAREの各 スペシャルティ・コース・インストラクター・ガイド★
• PADI オープン・ウォーター・ダイバー・マニュア ルまたは eラーニング
• レクリエーショナル・ダイブプラナー- RDP テーブルと eRDPml、 使用説明書を含む
• PADI スキル練習とダイブ・プランニング・スレート
• オープン・ウォーター・ダイバー・クイズ & エグザム・ブックレット★
• PADI アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・マニュアルまたは eラーニング
• PADI レスキュー・ダイバー・マニュア ルまたは eラーニング
• レスキュー・ダイバー・ファイナル・エグザム・ブックレット★
• PADI ダイブマスター・マニュア ルまたは eラーニング
• ダイブマスター・ファイナル・エグザム・ブックレット★
• オープン・ウォーター・ダイバー、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、レスキュー・ダイバー、ダイブマスター、およびディスカバー・スクーバ・ダイビング用の水中用キューカード★
• スキル開発準備スレート★
• エンサイクロペディア・オブ・レクリエーショナル・ダイビング
• ダイビング・ナレッジ・ワークブック★ま たはダイブセオリー( ダイビング理論)オンラインの eレコード( eラーニング)

スケジュール等のお問い合わせはこちらへ

PAGE TOP