1. HOME
  2. PADIライセンス
  3. PADIダイブマスター

PADI COURSE GUIDE

コース案内

PADIダイブマスター

自社専用ダイビングプールで納得いくまでトレーニングができる!
自社フィールドで納得いくまで海洋トレーニングができる!
講習期間中のシリンダーは無制限で使用できます!!

プロのダイビングリーダー認定です、本店の稲取マリンスポーツセンターは東伊豆唯一のコースディレクター常駐自社プールのあるダイブセンターですので堅実にプロフェッショナルとしてのスタートラインに立つことが可能です。
ダイブマスターの中にはダイビングガイドとして働く方や、自分のステップアップの目標地点として仕事にしないまでもダイビングを深く知りたいといった理由で受講される方が多くいらっしゃいます。トレーニング内容も充実!知識内容も豊富なコースです。またトレーニングを追加することで、体験ダイビングの一部分を担当することも可能になります。(※賠償責任保険などへの加入必須)

コース内容

伊豆ダイビング倶楽部
1.知識開発モジュール(自習、クラスルーム、ON LINE )PADI ダイビング スクール 伊豆 中野
● e-Learning修了またはナレッジリビューの提出(9項目)
● エグザム(75%の正解) e-Learningの場合は一部免除となります。
● 緊急アシストプランの作成
伊豆ダイビング倶楽部
2.水中スキルとスタミナ・モジュール
実技講習開始までにPADI病歴診断書の提出が必要です、該当の有無にかかわらず医師の診断書のご提出が必要となっております。
● 400m水泳(タイム測定)
● 15分間立ち泳ぎ
● 800mスノーケル・スイム (タイム測定)
● 100m疲労ダイバー曳航 (タイム測定)
● 器材交換(バディブリージングしながら全ての器材をバディで交換)
● レスキュー評価
● 水中意識不明ダイバー・水面器材脱装・水面レスキュー呼吸(ポケットマスク使用)・陸上への引き上げ
● 24種類のスキル評価(点数による合否判定)
講習中の全てのダイビングにおいて中性浮力やフィンワークなどダイビングスキルを確認しています。
伊豆ダイビング倶楽部
3.実践スキルとワークショップダイブマスター・コース
● 器材セッティングと管理
● 水中地図作成
● ブリーフィング
● サーチ&リカバリーのシナリオ
● ディープダイビングのシナリオ
● Reactivateプログラム
● スキンダイバーコースとスノーケリングの監督
● DSDプログラム(限定とオプション海洋)
● ディスカバーローカルダイビング
● オープン・ウォーター・ダイバー・コースアシスト(限定と海洋)
● 継続教育ダイバーのアシスタント
● 認定ダイバー管理

ダイブマスターコース必要教材

伊豆ダイビング倶楽部
ダイブマスター認定のためにはクルーパックの購入が必要となります、また弊社講習上必要なものが含まれています。
教材をご購入の際はご注意願います。

ダイブマスターコース必要書類
● スキル開発採点表
● 候補生記録シート
● 預金口座振替用紙(記入例含む)
● 同意書
● ダイブマスター申請書
● 危険の告知書
● 安全潜水実施声明書
● 病歴診断書は必ず医師の診断を受診してご提出ください。
※教材のお持ち込みの場合は講習費が変わりますのでご希望される方はお申し出ください。