1. HOME
  2. 特集
  3. PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース 水中世界の感動を味わえる”ダイバー”になる

COURSE GUIDE

コース案内

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース 
水中世界の感動を味わえる”ダイバー”になる

伊豆ダイビング倶楽部

「初めて」をサポート

幅広い年代の方に楽しんでいただけるダイビングは、職業・出身地などが違っても「海」という共通項で多くの出会いや発見が見つかる素晴らしい趣味です。

幅広い年代の方に楽しんでいただけるダイビングは、職業・出身地などが違っても「海」という共通項で多くの出会いや発見が見つかる素晴らしい趣味です。
宇宙空間をイメージできる無重力感覚、映像でしか見たことのない青い海中世界、普段の生活環境とは大きく異なる空間に身をゆだねることができ心と体のリフレッシュができます。
稲取マリンスポーツセンターでは東京都中野区の東京店、伊豆海岸線の伊豆店、でこれからダイバーになられる皆さんをサポートさせていただきます。

ダイビングスクールには環境が整っていることが重要です

初めての方が海に潜るというのは、感動が大きい反面リスクも伴います。

そのためPADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースでは足のつくプールから講習を始めます、このダイビングプールが自社施設内にあることは受講される皆様にとって大きなメリットです、多くの方がこれまで様々なシチュエーションで試験などを受けられたことがあると思います、終了時間ぎりぎりまで悩み、納得いかない形で答案用紙を出されたような経験があるのではないでしょうか?時間を気にせずに集中できる環境は受講生の方とインストラクターにとっても楽しいダイビングスクールを進めていくうえで大切なことです、さらに弊社ではスクーバで使用する空気も施設内で充填していますので空気の残量を気にせずに講習に集中することができます。
また、各店舗にはクラスルームがあります、知識を学びそれを海という空間で応用する為に最新の教材を使用し実技講習をサポートすることができます。

伊豆ダイビング倶楽部
伊豆ダイビング倶楽部
伊豆ダイビング倶楽部

PADI オープン・ウォーター・ダイバー参加資格

● 年齢15歳以上(ジュニア・スクーバ・ダイバーは10歳以上)
※参加前に病歴診断書の確認をしていただき、必要な場合は医師の診断書をご用意できる方。
● 未成年者の方は親権者の署名が必要な書類があります。
● 12歳未満の方は保護者の方の同行が必要となります。認定後も最大水深12mの制限があるので、負担の少ないスクーバダイバーコースをお勧めいたします。
伊豆ダイビング倶楽部

このコースを修了すると、ダイバーとして必要な知識・スキルを身につけた証明としてのCカードが発行されます。コースで学んだ知識とスキルを応用して、受けたトレーニングと経験の範囲内で、監督者なしでダイビングすることができるようになります。
これは、世界中各地のダイビングスポットで通用する海へのパスポートを入手することを意味します。

● PADIオープン・ウォーター事前学習
eLearning、教材を使用した事前学習を終えて伊豆店へお越しください。
● 学ぶ内容は以下の通りです。
ダイビング器材の選び方や使用前の準備、お手入れの方法など水中で快適にダイビングを楽しむための自然環境や生物に関する情報、水中で困ったり問題が起きないようにするための安全ルール、
コース修了後の楽しみ方やステップ・アップについてプラン作りなどを学びます。
● 最終テストとチェックはインストラクターが行います。
eLearningは25問のクイックリビュー。一般教材の場合はクイズ40問、最終試験60問を行います。
正答率75%以上が合格で、点数が満たない場合は再試験となります。スムーズな認定の為に事前学習、eLearningをきちんと終えて最終試験に望んでください。

● しっかり準備したい
学科講習を事前に東京店で終えることができます。
eLearning、教材を使用したいずれのコースでも事前に東京店で最終テストまでの学科講習を終えることが可能です。
東京店での学科プログラムは事前予約となっております。

● とにかく早くとりたい
● 2日間で取得できるプランにご注意!海を楽しむ技術を身に付けるにはそれなりの時間が必要です。
PADIのオープンウォーターダイバー認定は一般的に3日間以上で開催されています。
これは自信を持ってダイバーライセンスを受け取るには知識やスキル開発において学び、身につける事柄が多いためです、マニュアルを手に取ったりeLearningの解説をご覧になるとそのボリュームの多さに驚くかもしれません。
私どもでも2日間で3日間と同じダイビングライセンスを取得できるコースを開催していますが、これは自社施設で全ての環境(プール、海況の安定したダイビングスポット、教室と教材、スタッフ)が整っているから可能であり、
また受講していただく方にもいくつかの「お約束事」をしていただいています。

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース講習

プールは、海洋実習に行く前に、安全で穏やかな場所で水慣れを行ない、ダイビングで必要となる「スキル」を習得する場です。
プール講習の無いダイビングスクールは安全管理上お勧めできません。
当店では隣接する自社専用プールをフル活用し、きちんとしたスキルを身につけていただきスクーバダイビングを長く楽しんでいただけるよう講習を行っています。
不安を残したまま海洋実習に進むのではなく、ご自身が納得いくまで練習することが大切です。Cカードを手にした後に快適にダイビングを楽しむためにも、しっかりとスキルを練習しておきましょう。
ポイントは、自分が自信を持って「できた!」と言えるレベルになるまで練習することです。
PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースでは、プールダイブの際に「スキル練習スレート」を使用し、それぞれのスキルが満足にできたかどうかをお客様自身がチェックできるようになっています。
もし「もっと練習が必要」と感じてチェックしていれば、そのスキルができるようになるまでしっかり練習しましょう。

海でのダイビング実習

オープンウォーター・ダイブ(海洋実習)では…
● プール・ダイブや知識開発で身につけたことを海で復習しながら4回のダイビングをお楽しみいただきます。
● スキルや安全ルールに慣れていただいて、ビギナー・ダイバーに必要な基礎を完成します。
● スキルや知識の完成だけでなく生物の観察や水中散歩など、ダイビングの楽しみの第一歩を安全にご紹介します。
● 4回目の海洋実習では皆さん自身で計画を立て、ダイビングを楽しんでいただくプログラムになっています。
自信を持ってダイバーとしてのスタートラインに立つことができるはずです。

すべての学習目標や達成条件を満たされたら、オープンウォーター・ダイバーの「誕生」です!
お祝いの気持ちをこめて、認定(Cカード申請)手続きをさせていただきます。

伊豆ダイビング倶楽部